あのアエロフロートに乗ってみた! 気になる機内食やサービスは?

スポンサーリンク

2019年4月28日(日)、関空からピーチで成田へ移動し、ワルシャワへと向かいました。

成田空港はカード会員ラウンジの場所に注意! 出国手続き済みエリアは充実! 

2019.06.05

関空から出国しなかったのは、今回利用したのが、関空からの便がないアエロフロートだからです。

あのジェイムズ君が愛したアエロフロート

実は私は、アエロフロートにはとても興味がありました。

青池保子さんの少女スパイ漫画の傑作『エロイカより愛をこめて』シリーズで、東西冷戦当時(ソ連健在なりし頃)のアエロフロートが、よくネタにされていたのです(下は最新刊)。

旅行好きな方にはこちらがいいかな。『地球の歩き方』風の作品舞台案内本です。

主要登場人物の1人でケチな「ジェイムズ君」(怪盗の部下で会計係)が好きな航空機が、アエロフロートでした。

もちろん「安かろう悪かろう」です。実際色々な「伝説」がありました。詳しくはこちら

冷戦が終結して30年。初めて乗るアエロフロートは、どんな感じなのかな?

安さは健在!

2019年のGWは10連休になりそう!と報道され始めたころ(2018年7月31日)に、成田からモスクワ経由ワルシャワ行き&ミュンヘン発モスクワ経由成田行きのチケットを購入しました。

価格は大人2人で212,600円。

1人11万以下で行けるなんて、やはりお得感があります。

しかも乗り継ぎ時間も短い(2時間ほど)ので、とても便利です。

ガルーダ航空とのコードシェア便

私たちが4月28日に搭乗したSU0261は、モスクワが最終目的地ではなく、パリ行きでした。

そして驚いたのは、インドネシアのガルーダ航空とのコードシェア便だったこと。

どちらもスカイチームに加盟する航空会社で、成田空港をハブ空港にしています。

ちなみに、日本航空は「ワンワールド」に加盟していますが、アエロフロートやガルーダ航空とも業務提携するなど、最近積極的に動いているようです(詳しくはこちら)。

機体の外観と内部

「アエロフロート」の語源は、「アエロ」=航空、「フロート」=艦隊 だそうです。

軍用機みたいな飛行機かなと思ったら、成田からの飛行機は普通でした。

機内も新しい感じで、他の航空会社と変わりません。

離陸して少し経つと、左側に富士山が見えました。これからモスクワまで、9時間20分の空の旅。

ワシリー機長のあいさつを通訳してくれるロシア人CAさんの発音はたどたどしいですが、日本語を話してくれるのは有難い(話してくれない会社もあります)。

でも、アエロフロートが「世界最古の航空会社」というのは間違いではないかな?(KLMオランダ航空の方が古そうで、今年で100周年)

機内食はおいしかった

離陸から1時間(日本時間13:00過ぎ)に、ドリンクサービスが始まりました。

ちゃんとワインもあります。

そのあと運ばれた機内食(昼食)。上はビーフタイプ。

こちらは魚(フィッシュ)タイプ。白身魚のあんかけはいいとして、のりたまご飯とお寿司の組み合わせは、少々炭水化物が多めです。野菜が欲しい。

美味しいのですが、ワインが運ばれてからかなり時間が経過(当然全部飲んでいる)。

次のドリンクサービスは、食後のコーヒーor紅茶までありません。食事は水なしで食べました。

私たち、何か間違っていたのかな?

こちらは着陸前の機内食(朝食)。

シーフードパスタとパンです。これも美味しかったけれど、やはり炭水化物祭りのような気が。

機内サービス

座席にはモニターが付いていましたが、最初は操作に慣れず、悪戦苦闘。

でも夫に教えられ、話題の『ボヘミアン・ラブソディ』をやっと機内で見ることができたのです。

まさか機内で見られるとは思わなかったので、お得感満載!

終わってもまだ時間があったので、他に何かないかなと探したら、『銀魂2』がありました。

これも気になりながら、見ていなかった話題作。

でもあともう少しでラスト!というところで、機内サービスが終了。とても残念でした。

モスクワ シェレメーチエヴォ国際空港での乗り継ぎ

モスクワ到着は、ほぼ予定通りの時間でした。現地時間はまだ16:05です(日本時間は22:05)。

乗り継ぎ時間は2時間ありましたが、パスポートコントロールや保安検査に、少し時間がかかりました(1時間ほど)。

200人ほどのトランジットの乗客を、スタッフ2人でさばいているのです。

しかもあまりやる気がなさそう。もう少しテキパキできないかな? 社会主義の名残でもないだろうけれど、日本ならもう少し何とかしてると思います。

やっと検査が終わって、目指すワルシャワ便の待合室に行ってみると、モスクワからワルシャワまでは近いからか、バスの待合室という雰囲気。

あまり椅子もなく、別の場所で椅子を探して座っていました。

空港の無料Wi-Fiもあるようなのですが、ちょっと難しかった。

接続するためのパスコードをSNSで受け取る必要があり、少々ハードルが高めだそうです。

機内への案内までは読書して過ごし、ワルシャワまでは1時間50分の旅でした。

結局片道しか乗れなかったアエロフロート

『銀魂2』ラストシーンを見損なったけれど、帰国もまたモスクワから成田便に乗るのだし、その時また機内サービスで見られるだろうと安心していました。

ところが予期せぬハプニングで、私たちは帰りのアエロフロートに乗ることができなかったのです。

その理由については、また後日紹介しますね。

次回からは、ワルシャワから始まるポーランド~ドイツ4か国の旅行記です。お楽しみに。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です