ミュンヘンの移民街にあるホテル・アンドラはロケーションが素晴らしい!

スポンサーリンク



2019年5月3日(金)、初めてのミュンヘン観光を堪能した私たち。

雨のミュンヘン観光4 ドイツで一番有名なビアホール・ホーフブロイハウスへ!

2019.07.11

雨のミュンヘン観光3 バイエルン州立歌劇場~ナチスの聖地・フェルトヘルンハレ 

2019.07.05

雨のミュンヘン観光2 高級デリカテッセン・ダルマイヤーでティータイム

2019.07.03

雨のミュンヘン観光1 市庁舎のからくり時計とマリエンシュール

2019.07.02

ミュンヘンの宿は、新市街にあるホテル・アンドラです。

3つ星ホテルで抜群のロケーション

私たちがこのホテルを選んだ理由は、ロケーションの良さ。

ミュンヘン中央駅から徒歩10分と近く、観光名所が集まる旧市街にも徒歩で移動できます。

面白かったのは、このホテルがイスラム系移民街の中にあったこと。

ハラール食材を扱うスーパーマーケットがホテルの隣に。他にもスーパーが何軒かあります。

新鮮な果物や野菜が多く、お客も多かったです。

ホテル内部は簡素ですが、必要なものはすべてそろっています。

ネット環境も申し分なく、清潔に快適に過ごせました。

食事は駅で調達可能!

ミュンヘン中央駅構内には、たくさんの食品を扱う店がありました。

このリシャルトという店は、駅構内にあるとても大きなパン屋さん。チェーン展開しているので、ミュンヘン中央駅にも3店舗あるそうです。

ホテル・アンドラは朝食なしで予約したのですが、全然問題なし(ちなみに、3人で2泊して28,419円)。

3日の夕食は、中央駅のフードコートで購入したソーセージやフライドポテト、ザルツブルクで購入した白ワイン(ソアーヴェ)をホテルでいただきました。

実はワインを探したのだけれど、ホテル近辺はイスラム系スーパーなのでアルコールがあるはずもなく、駅でも探せなかったので、土産物を急遽利用。テーブルワインでも美味しい!

ホテルマルクスシティックス・ザルツブルク&ザルツブルク中央駅利用体験記

2019.06.30

白ソーセージではないけれど、油でソテーされたソーセージも美味しい! ドイツらしくていいですね。でもワインより、ビールの方がよかったかな。

朝のパンもミュンヘン中央駅で購入。

リシャルト以外にもパン屋があり(リシャルトは若干高め)、品ぞろえも豊富です。

もちろん、ドイツを代表するプレッツェルも売られていました。塩味が効いていて美味しい!

好みのパンを購入し、ホテルに戻っていただきます。

ホテルのキッチンではお湯ももらえるので、カップ麺を作ることもできます。

少し歩けば教会(聖ポール教会)もあり、散歩するにもいい場所でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です