ミュンヘン中央駅近くのレストランMünchner Stubnでバイエルン料理を

スポンサーリンク



2019年5月4日(土)、ベルトラの「ノイシュバンシュタイン城&リンダーホーフ城」のモニターツアーに参加。

ベルトラツアーで行く、ルードヴィヒ2世の夢の城・ノイシュバンシュタイン城

2019.07.21

ベルトラツアーで行く、美しいフレスコ画で彩られた村オーバーアマガウ

2019.07.20

ベルトラツアーで行く、ルードヴィヒ2世が完成させたリンダーホーフ城

2019.07.20

ツアーの解散場所も、集合場所と同じ、ミュンヘン中央駅。19:00頃到着しました。

ミュンヘン中央駅近くの雰囲気の良いレストラン

私たちは、夕食をミュンヘン中央駅近くで食べることにしました。

訪れたのは、Münchner Stubnというレストラン。

ミュンヘン中央駅のすぐ南にあり、入りやすい雰囲気のレストランでした。

店内も広くて、ゆったりできます。

「ドイツの居酒屋」というイメージにぴったりです。

面白いシャンデリアだなと思っていたら、ビアジョッキでした。

ビールとバイエルンの名物料理

さて、料理はどんな感じでしょうか。

メニューがなかなか素敵です。

このレストランでは、南バイエルン料理が気軽に食べられるそうです。

バイエルン料理と聞いてイメージするのは、やっぱりソーセージかな?

今日は油で焼いたものにしてみました。

付け合わせは、これもドイツらしい酢漬けキャベツのSauerkraut(ザウアークラウト)。辛いものが苦手な私ですが、このマスタードは、色から受ける印象ほどには辛くありませんでした。

野菜スープも注文。

もう一品は、シュバイネハクセ。

ローストした豚脚で、カリカリしていて、これもドイツらしい素朴な料理でした。

そしてやっぱり、ドイツと言えばビールが欠かせません! 今日はワインではなくビールにしました。

雰囲気のいい店で、おいしく頂く地元の名物料理は最高ですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です