修学院離宮近くのお立ち寄りスポット 赤山禅院の見どころ紹介

スポンサーリンク



2019年8月31日、440年続く老舗・山ばな平八茶屋で、ちょっとぜいたくなランチを頂いた私たちは、次に修学院離宮を当日参観で訪れました。

修学院離宮を当日参観3 女院御所の面影と浴龍池の絶景(中離宮~上離宮)

2019.09.08

修学院離宮を当日参観2 田園を取り込んだ広大な離宮にびっくり(下離宮~松並木)  

2019.09.07

修学院離宮を当日参観1 当日参観の手順と、参観の際の注意点

2019.09.02

京都のぜいたくランチ 老舗・平八茶屋で麦とろろ膳をいただく

2019.09.01

実は、修学院離宮の当日参観を申し込んだとき、ついでに立ち寄った寺院がありました。

それが赤山禅院です。

「禅院」だけど天台宗寺院

赤山禅院は、修学院離宮から徒歩5分ほどの場所にあります。

「禅院」というくらいだから、禅宗寺院なのかなと思われやすいのですが、実は天台宗の寺院です。修学院離宮からも比叡山が見えるのですが、比叡山にある延暦寺の塔頭(たっちゅう=別院)という立場です。

立派な門構えですが、拝観料が無料というのがありがたい。

千日回峰行の100日間、行者は比叡山からこの赤山禅院のご本尊、赤山大明神に花を供えるために毎日上り下りする「赤山苦行」という荒行を行うのだとか。

9月13日には、千日回峰の修行を終えた大阿闍梨様が、へちまにぜんそくや気管支炎を封じ込め、加持・祈祷を行う「へちま加持」が行われるのだとか(この日は臨時ピストン送迎車が運行されるそうです)。

映画『陰陽師』にも登場した泰山府君(たいざんふくん)

この赤山禅院のご本尊は、赤山大明神。下の写真は拝殿です。

遣唐使船で唐に渡り、苦労の末に天台教学を納めた円仁が、その行程を守護した赤山大明神に感謝し、赤山禅院を建立することを誓ったと言われています(建立されたのは、彼の没後)。

この赤山大明神は、中国では泰山府君とも呼ばれ、道教の神でもあります。

中国から伝わった陰陽道でも主祭神とされ、安倍晴明が使ったとされる陰陽道の最高奥義「泰山府君の法」は死者をよみがえらせる秘術として、映画(Part1)でも描かれていました。

参拝したときには、ちょうど本尊の前でお勤めが行われており、荘厳な雰囲気でした。

ここは京都御所から見て表鬼門の方角にあたるため(東北)、表鬼門の鎮守として、方除けのお寺として信仰されるようになったとか。

赤山禅院の拝殿の屋根には、鬼門除けの猿(甲=鬼門の反対・西南西の方角を指す)が置かれているようなのですが、ビニールシートが掛けられていて、見ることはできませんでした。

矢印に従って、地蔵堂(赤山大明神は、地蔵菩薩の化身だそうです)を参拝し、

更に奥に進むと、本堂でした。正念珠をくぐります。寺院なのか神社なのかわからなくなります。

独特の雰囲気があり、やはり中国の神様かなと思えました。両脇の獅子も珍しいですね。

都七福神の他にも、お堂がいっぱい!

この赤山禅院には、「都七福神」の一神、福禄寿も祀られています。

これも中国由来の神様で、子宝・財宝・健康長寿を具体化した神らしい。

広い境内には、福禄寿の他にも、稲荷神の社や弁財天の社などがあります。

苔むした三十三観音や十六羅漢は、独特の雰囲気でした。

山の中腹にも、色々な塔や社があって、こんなにたくさんの神仏に参拝できるのは予想外でした。

新緑の中に静かにたたずむ神社が、とてもいい風情。

でもちょっとアップダウンがあるので、心して境内を歩きましょう。

境内にある雲母坂(きららざか)不動堂。境内には日本の神、中国の神、そして仏様が大集合!

このコスモポリタンな感じが、神仏習合っぽくていい感じです。

赤山禅院は紅葉の名所らしいので、またその時期にも訪れてみたいなと思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です