GO TO トラベルで美瑛! 青い池と白ひげの滝、そして美瑛神社へ

スポンサーリンク



神秘の青い池

2020年8月15日(土)~17日(月)、GO TO トラベルキャンペーンを利用して、札幌に行きました。

2日目は富良野&美瑛を巡るバスツアー。実は今回の目玉の1つが、青い池でした。

「青い池」は美瑛町白金にある池で、十勝岳の防災工事の際、堰堤にたまった水が、不思議なほど青い色をたたえ、立ち枯れのカラマツとあいまって幻想的な風景になったのだとか。

美瑛町の写真家Kent Shiraishiさんが撮影した写真が、MacBook ProのRetinaディスプレイ壁紙として2012年に採用され、注目の観光地となりました。

行ってみると、確かに車の数が多い! しかも1年前は、こんな広い駐車場はなかったようです。観光客の増加を物語っています。

ありがたいことに天気もいい。青空と白い雲が映り込んでいます。

MacBook ProのRetinaディスプレイ壁紙は冬の写真のようですが、夏でも幻想的な雰囲気です。

新しくできたという展望台からは、美瑛川と青い池を眺めることができました。

池が青く見える理由として、白金温泉から湧出しているアルミニウムを含んだ水が、美瑛川の河川水と混じることによりコロイド粒子が生成され、その粒子に太陽光が衝突し、波長の短い青い光が散乱されるためだと言われています。

ここでの観光時間は40分。でも売店が混雑していて、あまり余裕はありませんでした。

白ひげの滝

次に訪れたのは、美瑛川の上流にある白ひげの滝。すぐ近くにある橋の上から見物しました。観光時間は20分です。

落差30mの滝で、滝の水源は自然岩の間から染み出た地下水。

日本でも珍しい「潜流爆」に分類される滝なのだとか。

十勝岳一帯はジオパークにもなっているようで、丁寧な看板もありました。

最近雨が降ったのか、この日は結構水量が多いなと感じました。なかなかの迫力です!

白金温泉がすぐ近くで、コロイド粒子が川の中に入っており、美瑛川がとても青く見えました。

知られざるパワースポット美瑛神社

最後に訪れた美瑛神社は、知る人ぞ知るパワースポットらしいのです。

青い池や白ひげの滝と並んで、「美瑛三大パワースポット」と呼ばれているだけでなく、

北海道神宮や洞爺湖と並んで、「北海道三大パワースポット」とも称されているのだとか。ここで15分の観光時間です(ただしトイレはありません)。

小さな神社なのですが、いろいろな場所の装飾に、ハートマーク=魔除けの意味がある猪目(いのめ)があるそうです。

私は、本殿の扁額の上しかわからなかった(しかも写真を見て気づく)。

ここの御朱印はカラフルで、アートだなと思いました。緑で美瑛の丘が表現されていますね。

縁結びや恋愛成就の御利益があるということで、私も「いいご縁」に恵まれるようにお祈りしました。

境内には風鈴もたくさん吊されていて、音色がとても涼しげでした。

美しい美瑛の町並み

美瑛は丘が美しいとずっと思っていたのですが、実は町並みも、とても美しいことが今回のバスツアーでわかりました。

私たちは17:00に旭川解散ですが、途中の美瑛駅でツアーを終了する人もいるため、美瑛駅前に立ち寄りました。

そのときに通った美瑛の駅前周辺が、とても美しい!

土地区画整理事業の際に、屋根のスタイルや建築資材、建物の高さや看板の設置などを決めて、町並みに統一感を出す努力をされたそうです。

とても日本の町とは思えないですね!

開拓者が建設した町らしく、商店の建物には、創業年が明記されています。

美瑛町は丘も町並みも、北海道らしさが満喫できる場所でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です