トラピックス兵庫民割ツアーで神戸&淡路4 アートな新感覚水族館atoaで幻想的な空間に癒される

スポンサーリンク



2022年9月15日(木)、トラピックス兵庫県民割ツアーに参加しました。ツアーの名称は

■兵庫割■(芦屋・三宮発)グランドニッコー淡路ランチブッフェとアートな新感覚水族館atoa 神戸・淡路 日帰り

代金は2人で23,960円のところを県民割で13,960円。遅まきながらスマホポイント会員に登録したので、さらに1,000円分値引きされて12,960円の支払いでした。

トラピックス兵庫民割ツアーで神戸&淡路3 あわじ花さじきと淡路ハイウェイオアシス

2022年9月21日

トラピックス兵庫民割ツアーで神戸&淡路2 グランドニッコー淡路の感動ランチビュッフェ

2022年9月20日

トラピックス兵庫民割ツアーで神戸&淡路1 神戸ワイナリーでワインの試飲&お買い物

2022年9月19日

神戸ポートミュージアムにあるアートな水族館へ

さて、今日の見学のメインになりそうなのが、一番最後に訪れたatoa。多分皆が一番期待していたグランドニッコー淡路でのランチビュッフェの時間よりも1.5倍長い、このツアー最長の90分の散策時間でした。

atoaのことは全然知らなかったのですが、かつての倉庫街だった新港突堤西地区に、昨年10月末にオープンした神戸ポートミュージアムにある水族館だそうです。

私たちはバスでミュージアムの前まで行くことができましたが、公共交通機関だと、三宮からも元町からも遠いです(徒歩約20分ほど)。神姫バス「三宮駅前」(ポートループもしくはポートアイランド方面行き)より「新港町」下車が便利です。

チケットは一般も団体も、大人2,400円。海遊館と同じですね。

最初の部屋。照明がすごく幻想的!

魚もきれいですが

水草や水槽に、ついつい目が奪われてしまいました。

個性的な生き物たちの競演 草間彌生風水玉模様のエイも!

次の部屋です。

中央にある大きな水槽が目を引きますが

ユーモラスなチンアナゴや

逆さになって泳ぐヘコアユ、

とても魚とは思えないタツノオトシゴ(オスがおなかの袋で卵を育てるイクメン魚)などは

何度見ても面白いです。

ミノカサゴかな? 確か毒があったと思うのですが、美しい姿をしていました。

次の部屋では、

カエルなど両生類や

きれいな緑色の大蛇(寝てました!)

食欲旺盛なゾウガメ、

久しぶりに見たカメレオン(左右の眼は違う方向を見ている!)とともに

なぜかワラビー(かな?)がいるのが謎。

アマゾン川?みたいな水槽や

熱帯魚と言えば昔は絶対これが主役だった、懐かしいエンゼルフィッシュや

「熱帯魚の王様」ディスカスもいました。

一番驚いたのがこの、草間彌生の作品のような水玉エイ! ポルカドットスティングレイという名前だそう。

ミュージアムショップでもぬいぐるみや座布団などが売られており、atoaのマスコット的存在でした。

外国人が喜びそう?! 雅な部屋

3階の目玉の一つが、「MIYABI」という部屋。

その名の通り、日本の美しい風景が幻想的に再現されていました。日本人も喜んでいたけれど、外国人は絶対喜びそう! 外国人観光客を狙った部屋ではないのかな?

部屋の壁面も美しいのですが

注目してほしいのは足元! 床がガラスになっていて、錦鯉が泳いでいるのです。ちょっと最初は、歩くのが怖かったです。

照明が青い時も幻想的ですが

赤くなると、錦鯉の色がより鮮やかになって、とても美しい。餌(有料)をあげることもできます。

美しい金魚鉢も並んでいました。

休憩用の椅子もあって、一休みするのにももってこいの部屋でした。

奇跡の惑星PLANET

3階のもう一つの目玉は、「奇跡の惑星PLANET」という部屋でした。

日本最大級の球形水槽にまずびっくり! まさしく宇宙に浮かぶPLANETです。

どこから魚を入れたのかな? どうやって水槽の掃除や水の入れ替えをするのかな? と思っていると、あちこちからレーザー光線やミストが!

よく見ると、赤系統の魚が多いですね。

サンゴ?などのデザインも、計算されているのかもしれません。

この部屋の周囲にある水槽も、赤いエビばかり入れたり

黄色い魚ばかりだったり

青い魚中心だったりと、視覚効果に訴えた展示が多かったです。

巨大なマングローブガニや

光るイソギンチャクにも驚かされました。

カピバラは大人気!

屋上には、ペンギンやカワウソもいましたが、

一番人気はやはりカピバラ! こんなに大きいですが、ネズミの仲間です(もちろんげっ歯類の中で最大)。

ちょうどお食事タイムでした。

こんなにまじまじとカピバラを見たのは初めてですが、かわいいですね。飼育員さんも、とてもやさしそう。

子供も多いと思うのですが、このキャッチコピーは一体何歳くらいの観客をターゲットにしているのかな? 「ザベストテン」ネタに続く衝撃の懐かしさ!

トラピックス兵庫民割ツアーで神戸&淡路3 あわじ花さじきと淡路ハイウェイオアシス

2022年9月21日

食事が終わると、おもむろに泳ぎ始めます。

カピバラが泳ぐのも、初めて見ました。

気持ちよさそうに泳いでいました。

屋上からは神戸港の景色もよく見えて、7月下旬に参加した神戸港クルーズも懐かしく思い出されました。

トラピックス兵庫民割ツアーで極上ランチと港巡り4 神戸港巡りは面白い

2022年7月31日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。