シャルル・ド・ゴール空港ターミナル1(パリ) ほかの空港と一味違う

スポンサーリンク



「空港なんてどこも同じでしょ?」

と思う人が多いかも知れません。

関西に暮らしていると、どうしても関西国際空港(関空)が「空港の標準タイプ」になってしまい、あちこちの空港と比較してしまいます。

すると時々、建物の雰囲気などが「関空と似てる!」と思う空港がありました。

先日乗り継ぎをしたソウル・インチョン国際空港も、家族に言わせると雰囲気が関空に似ているそうです。

同じ東アジアの空港だし、懐かしい雰囲気で、美意識も似ているのかもしれません。

乗り継ぎの便利さ、ショッピングのしやすさなど、これから両者互いに切磋琢磨して、どんどん素晴らしい空港になってくれればいいですね。

写真はインチョン国際空港のショッピングエリアです。

アバンギャルドなメインターミナル

一方パリのシャルル・ド・ゴール空港第Ⅰターミナルは、とてもユニークな建物。

まるで近未来建築、それも私達が子供の頃の1960年代末~70年代に考えられたようなデザインなのです。

メインターミナルが円筒形(平面はドーナツ型)の建物で11階建て。

メインターミナルからいくつものサテライトが放射状に伸びていて、そこにゲートがあります。

透明チューブの中にエスカレーターがあって、それが何本も複雑に交差している様子は、懐かしい日本万国博覧会のパビリオンや、手塚治虫さんなどが描くSF漫画の世界です。

コンクリートむき出しの、洞窟のような静かな空間を、長大な動く歩道でひたすら進むという個所もありました。

しかもなぜか、平坦ではなく、アップダウンがある歩道なのです。

記憶は少しあいまいですが、日本万国博覧会のシンボル、太陽の塔内部に向かう長いエスカレーターに、どこか似ているような気がしました。

この第1ターミナルは、フランス人建築家のポール・アンドリュー氏の設計です。

1974年(昭和49年)の開港当時から、アバンギャルド(前衛芸術的)として話題になったようでした。

 知らないと混乱? 内部構造もユニーク

ユニークなのは、デザインだけではありません。

フランス出国の時、バスで空港に到着したのですが、チェックインしようと案内板を見たら、エレベーターで下の階に降りるという指示があって、混乱しました。

関空の場合(多分多くの空港もそうだと思います)、バスが到着するのは出発ロビーです。

でもこのターミナル1の場合、バスが到着するのは到着ロビー。

何か理由があるのでしょうか?

どちらがいいのかわかりませんが、やっぱり関空方式の方が慣れているので使いやすいと思いました。

ドーナツ型のメインターミナルにはチェックインカウンターが並んでいて、Hall 1~Hall 4に区切られています。

これも勝手が違ってとまどいましたが、ぐるぐる歩き回っていたら、そのうちいつか見つかるだろうという妙な安心感もありました。

ただ、昨年末利用したエールフランス(ターミナルCDG2E利用)の場合と違い、ターミナル1では、免税店エリアを抜けてから手荷物検査がありました。

私達は「手荷物検査を終えてから、ゆっくり買い物でもしたい」というタイプなのですが、手荷物検査を終えてゲートの近くに来てみると、免税店は1軒しかなく、あまりいいお土産もなかったので、何も買えませんでした。

ターミナル1を利用してフランスを出国する場合は、手荷物検査の前にショッピングをされることを強くお勧めいたします。

マスコットキャラクターが交替?

このターミナル1は、開港当初から使われている施設のため老朽化が目立つのか、あちこちで改修工事が行われています。

リニューアルの流れの中で、シャルル・ド・ゴール空港のマスコットキャラクター?も新しくなっていました。

以前のキャラクターは、パリの名所・エッフェル塔をモティーフにして、それに小さな羽が生えたようなデザインでした。

何となく、日本万国博覧会のシンボル・太陽の塔を可愛くしたようにも見えました。

だからとても気に入っていたのです。

でも今は、エッフェル塔を放射線で表現しているようなデザインで、太陽の塔を連想させる要素は何もありません。

パリと大阪は、2025年開催予定の万国博覧会の誘致を巡って、ライバル関係にあるのはご存じの通り。

あの可愛い旧キャラクターが、ライバル都市・大阪で開催された日本万国博覧会のシンボルタワーに似ていると気がついたフランス人が、私の他にもいたのでしょうか。

幸いなことに、空港の外にあるボーディングブリッジの外壁で、旧キャラクターを発見しました。

細々とでもいいので、空港を利用する人達に愛されながら、長く活躍してほしいです。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です