スリランカ紀行 ヌワラ・エリヤで紅茶工場見学と憧れのハイ・ティー堪能

スポンサーリンク



キャンディから丘陵地帯へ

仏歯寺見学を終えた私達が次に目指すのは、丘陵地帯にある町ヌワラ・エリヤ。

レイク・ビュー・ポイントから、キャンディの街並みと、キャンディ湖に別れを告げます。

丘陵地帯には、緑あふれる棚田や茶畑、滝などがあって、とても目を楽しませてくれました。

これは、パセラワという場所からの眺めです。

こちらは、スリランカで第3位の水量を誇るランボル滝(最初の写真で小さく見えていた滝)。

落差は109mで、今日は(これでも)水が少ないそうです。

ランジェナさんが、カメレオンがいると教えてくれました。

野生のカメレオンがいるなんて、スリランカは本当に自然が豊かだなと思いました。

ブルーフィールド・ティー・ガーデンズ

ヌワラ・エリヤを中心とする丘陵地帯は、セイロンティーの産地としても知られています。

やはりここに来たからには、紅茶工場の見学をしたいということで、連れてきてもらったのが、ブルーフィールド・ティー・ガーデンズでした。

日本茶も紅茶も、製造工程を見学するのは初めてです。

女性ガイドさんが、英語で説明してくださいました。

まず第1段階は、茶葉の乾燥。

大量の温風を送って、茶葉の水分を取り除きます。

その後は、圧力をかけて茶葉を揉み、ふるいにかけ、酸化発酵の後、乾燥させます。

工場の中はお茶のいい香りがするのですが、やはり暑くて、楽な仕事ではないようです。

茶畑も案内してもらいました。

初めて見たお茶の花と実。

ランジェナさんに伺ったところ、スリランカの平均月収は6~7万ルピーで、茶摘みの場合は月収は4万ルピーくらいとのこと。

やはり最高級のお茶は、手で積まないとだめなのかな。

大変な仕事だと思いました。

ここでは無料の紅茶をいただくこともできました。

お茶請けのケーキなどは有料ですが、レストランが併設されているので、ランチビュッフェを食べることもできるそうです。

ホテルでのハイ・ティー

今日は昼食と夕食兼用で、ホテルでハイ・ティーをいただくことになりました。

アフタヌーンティーとハイ・ティーは、厳密には意味が違うようで、詳しくは「アフタヌーンティーとハイティーの違いは?」(トラベラーズカフェ・ワールド・ギャラリーのサイト)をご覧ください。

どうせなら、英国時代の雰囲気を味わいながら飲もうということで、ジェットウィング・セント・アンドリュースという高級ホテルに乗り込みました。

庭園がとても美しいです。

100年以上前のチューダー洋式の館を改造したホテルでした。

ここでいただくハイ・ティーは、とても贅沢なひと時でした。

ハイ・ティーの後の庭園散策。

「不思議の国のアリス」や「美女と野獣」の世界も思い出させる、ティーポットのトピアリー(庭園造形物)。

紅茶工場の紅茶もいいですが、やはり時間とお財布に余裕があれば、英国時代の雰囲気を体験できるホテルでのハイ・ティーはいかがでしょうか。

ちなみに気になるハイ・ティーの料金ですが、2人分(3人でも1人分の量が多いから大丈夫との、娘の提案)で2,200ルピーでした。

日本円で1,600円くらいでしょうか。

日本なら、1人分がこの3倍近くする(大阪・梅田の一流ホテルの場合)と、帰国後に知りました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です