阪急交通社で行く初めての大台ケ原5 絶景ポイント大蛇嵓とシオカラ谷

スポンサーリンク



先日(2018年10月21日)、阪急交通社の日帰りバスツアーに参加して、初めて大台ケ原に行きました。

(梅田発)~花、紅葉、眺望、変化に富んだ美しさを見せる~日本百名山 大台ケ原 日帰り

阪急交通社で行く初めての大台ケ原4 牛石ケ原の妖怪と、神武天皇像

2018.10.24

阪急交通社で行く初めての大台ケ原3 立ち枯れの白いトウヒ

2018.10.23

阪急交通社で行く初めての大台ケ原2 日出ヶ岳で見た太平洋

2018.10.22

阪急交通社で行く初めての大台ケ原1 ハイキングではなく登山だった

2018.10.22

恐怖の絶景ポイント 大蛇嵓

いよいよBSジャパン『空から日本を見てみようplus』で紹介されていた、恐怖の絶景ポイント:大蛇嵓(だいじゃぐら)へと向かいます。

大蛇嵓の「嵓」の意味ですが、三省堂の『全訳 漢辞解』によると、「切り立った崖」という意味があるとか。

イワクラ(磐座)など、神々が降り立つ場所にも「クラ」が使われています。

こんな恐怖絶景ポイントなのに、怖いもの見たさなのか、かなりの混雑。怖いのと混雑しているのとで、あまり撮影できませんでしたが、気になる方はこちらをご覧いただければ、その怖さ(すごさ)をわかっていただけると思います。

滑りやすく、傾いている大きな岩や、微妙に緩く粗く張られている?鎖などがあり、私のようなバランス感覚の乏しい人や、高所恐怖症の人は、行く(そこに立つ)だけでも大変。

私はとうとう怖くて立つことができず、滑り台状態でした。

何とか最先端まで行くと、こんな景色が待っています!

鎖にもたれたり、ゆすったりする勇気のある人が、何人いるのでしょうか?

大蛇嵓というのは、この鎖のすぐ下にある断崖絶壁のこと。大蛇の頭にも見えませんか?

確かに蛇の頭に見えないことはない! どうしてあんなところに石があるのでしょうか?? 今までに滑落事故はなかったのかな???

もっと紅葉が進むと、大蛇の頭は紅葉に包まれていくそうです。なかなかの絶景!

大蛇嵓の大石だけに注目しなくても、ちょっとほかの方角を見ると、美しい山々の姿が、青空の下にくっきりと見えました。晴れていてよかった!

シオカラ谷吊り橋へ

23人のメンバーが、2手に分かれて大蛇嵓での写真撮影などを楽しんだ後(行列ができていました)、再び出発。

足元が悪い、急な下り坂をひたすら進みます。私の大嫌いな道。

どこまで下るんだろう? 下ったら上ると聞いているのですが、とにかくやたらに下りました(帰りの上りが心配)。

購入したトレッキングポールのおかげで、何とかメンバーにかろうじてついていける状態。購入しておいて、本当に良かった!

やがて水の音が聞こえ始め、皆に遅れないように必死で歩いていくと、吊り橋に出ました。

シオカラ谷の吊り橋です。

この谷には、シオカラトンボがたくさんいたため、この名がついたと言います。

この日はシオカラトンボは見ることができなかったのですが、今でもいるのかな?

吊り橋自体は、そんなに怖くなかったので、一安心です。

吊り橋を渡ったところで、最後の大休憩。

休憩場所でみかけた倒木。まだ新しそうですね。かなり立派な木だったのかな?

今年の台風が原因? 今も森林は破壊されているのです。

シオカラ谷が、立ち枯れの木々の林にならないよう、祈るばかりです。

ハードな上り坂もゆっくりペースで

シオカラ谷で休憩した後は、ひたすら上るだけ。また1段の段差が大きい!

疲れがいい加減たまっているので、上りもなかなかしんどい。でも登山ガイドの平加(ひらか)さんは、ゆっくりペースで上ってくださいました。

小休憩した場所の紅葉が、とてもきれいに見えて、私たちを慰めてくれました。

あともう少しで、駐車場。この階段はどこまで続いているのかな?

階段の下で笑顔で映っておられるのが、メインガイドの平加さんです。

休憩するときには必ず山側で待つ(谷側で休憩すると、滑落の危険がある)など、厳しい山のルールを教えてくださったりもしました。ありがとうございます。

必死で頑張って登ったおかげで、なんとか駐車場にたどり着いたのが15:50頃。

入山したのが10:50なので、やはり所要時間5時間コースでした。

途中、トイレに行く必要がなくて本当に良かった!

大台ケ原&大淀町のお買い物タイム

ビジターセンターのある駐車場には、トイレのほか、土産物屋もありました。

ここで20分ほどトイレ&お買い物タイム。

マイカーのない観光客のために、路線バスも走っています。

でも本数が少ない!ぼーっとのんびり歩いていると、帰りのバスに乗り遅れそうです。

やっぱりバスツアーで来るのが、一番確実なのかもしれません。

帰りは、往路と同じ道を戻ります。

夕日が輝き、山々の稜線もよく見えて、素晴らしい景色が眼前に広がっていました。

柿の葉すし本舗(葛城店)で最後のトイレ&お買い物タイム(15:55~18:20)。

柿の葉寿司を、試食させていただきました。

途中あまり渋滞もなく、JR梅田駅に到着したのは19:30頃。

普段山に登らないので、帰宅後3日間ほど筋肉痛に悩まされましたが、雨の多い大台ケ原で素晴らしい好天に恵まれ、普段できない体験をすることができました。

登山ガイドの平加さん、山本さん、添乗員の中林さん、運転手の西口さん、どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

無料メルマガ会員募集中!

昔の大河ドラマや歴史に関する映像作品、地味だけどきらりと光る歴史上の人物など、ブログよりもコアな内容でお送りします。新しい気づきと感動をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です