スーレー・シャングリ・ラ ヤンゴン宿泊体験&カウントダウンパーティー覗き見!

スポンサーリンク



2019年12月31日(火)~2020年1月2日(木)の2泊3日で、ヤンゴンのスーレー・シャングリ・ラを利用しました。

世界で一番安く泊まれるシャングリ・ラ?

スーレー・シャングリ・ラは、ヤンゴンの中心・スーレー地区にあるホテル。

空港シャトルのどのルートのバスに乗っても、必ず停車する終着点のバス停のすぐそばです。

街歩きの起点となるスーレー・パヤーや、ヤンゴン最大の高級ショッピングモールであるジャンクション・シティにも近いというアクセスの良さが魅力。

それだけでなく、コストパフォーマンスの面でも魅力的なのです。

長女が予約してくれたのですが、Hotels.comで2泊大人3名(朝食なしプラン)で30,108円のところが28.000円(税およびサービス料込)。

このホテルは五つ星なのですが、トリプルで1泊14,000円で泊まれるのは、とてもありがたいです。

客室から初日の出

部屋のタイプは、デラックスルームです。

シティビューの部屋で、特に不自由は感じません。

洗面所もきれい。

お菓子やカップ麺を食べるのに欠かせない、電気ポットもあります。もちろんコーヒーや紅茶もありました。

NHKワールドも映り、時間差で『紅白歌合戦』(下は熱唱するビートたけし)や

『年の初めはさだまさし』などを見ることができたのでびっくり!

シティビューの部屋からは、こんな感じでヤンゴンの初日の出を見ることができました。

とてもきれいな夜明け。今年もいい年でありますように。

カウントダウンパーティを覗き見た

このホテルは、香港を基点とするアジア太平洋地区のラグジュアリーホテルグループとのこと。

宿泊客も、中国系を中心に、外国人が多いように思えました。

チェックインした12月31日は、ちょうど大晦日。

カウントダウンパーティが開かれていたのです。

音楽やDJが大音量で流れており、やかましくて無視できません。

どんな感じなのか、行ってみることにしました。

もちろん私たちはパーティ料金を払うつもりはなく、2階からパーティ会場をちらちら覗き見。盛り上がってますね。

パーティの参加費を支払っている客は、色とりどりのシルクハットをかぶっています。

やっぱりここも、中国人など外国人が多いかな?

小さいながらもステージがあって、地元の歌手がマドンナなど、懐かしの世界的ヒット曲を歌っています。

ステージ前でノリノリで踊っている人もいました。

そしていよいよカウントダウン!

無料で覗いている私たちも、その瞬間に立ち会うことができてよかった!

『蛍の光』って、ゆく年くる年の万国共通ソングなのかなと思いながら、異国の地で迎えた2020年が、幸多い一年になるように祈りました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です