初めての盛岡4 宮沢賢治ファンなら行きたい商店街

スポンサーリンク



2022年8月29日(月)、初めて岩手県の盛岡市を観光しました。

宮沢賢治ゆかりのいーはとーぶアベニューへ

盛岡ゆかりの作家では石川啄木が有名ですが、

初めての盛岡1 盛岡城跡公園 若き石川啄木の面影を訪ねて

2022年9月29日

もう一人忘れてはならないのが、宮沢賢治。13歳から24歳までの学生時代を過ごしたのが盛岡です。

その盛岡に、賢治ゆかりの店や賢治にちなむオブジェがある、いーはとーぶアベニューという商店街があると知り、訪ねてみました。

カタカナでイーハトーブと書かれることも多いこの言葉は、宮沢賢治の造語で、エスペラント語ではないそうです。彼の心の中にあった岩手県をモデルにした理想郷がイーハトーブと言われています。

いーはとーぶアベニューがあるのは、盛岡駅から徒歩10分足らずの場所にある材木座商店街のメインストリート・材木町通り。

北上川に架かる旭橋を渡ります。

商店街の裏、北上川に面した石組は、江戸時代の面影を残す貴重なもののようです。

旭橋を渡るとすぐ商店街。その入り口近くに

宮沢賢治の像がありました。石の採掘場で休む賢治を表現した彫刻「石座」です。

賢治が座っているのは花崗岩、その後ろにあるのは安山岩や閃緑岩などで、石が大好きだった賢治を表現しているようでした。

ゆかりのオブジェを見て回ろう

この商店街でとりわけ印象的だったのが、このチェロのオブジェ。「音座」という名前です。

私たちは聞くことができませんでしたが、宮沢賢治が作曲した『星めぐりの歌』が聞こえるのだとか。

賢治が詠んだ短歌を記した陶板を設けた「詩座」など、ほかにもいろいろなモニュメントがありましたが

「雨ニモマケズ」の詩碑は、せっかく有名な作品なのに

文字がかなり読みにくく感じられて、少し残念でした(私たちの目が悪いだけ?)。

『注文の多い料理店』を出版した光原社

いーはとーぶアベニューの中でもとりわけ賢治ゆかりの店として、そして民芸品を扱う店として、ガイドブックやTV番組などで紹介されているのが光原社

私たちは偶然、『美しい日本に出会う旅』でこの店のことを知りました。

元々は、盛岡高等農林学校での賢治の後輩が創業した出版社で、社名も賢治が考えたそう。

賢治の童話集『注文の多い料理店』を出版したもののほとんど売れず、光原社は新たな事業として、南部鉄瓶の製造販売に乗り出しました。

やがて工芸の道へと進み、民藝運動の創始者・柳宗悦とも親交を深め、全国各地の民芸品を扱うようになったそうです。

光原社の本店は全国から集めた伝統工芸品を販売し、

道路を挟んだ向かい側にある別館「モーリオ」では、東北の手仕事品を中心に販売されています。

今日は絶対わんこそばを昼食で食べる!という大目標があったので

わんこそば&盛岡冷麺放浪記3 念願のわんこそば! 昔ながらの数え方は難しい

2022年9月28日

中庭にあるカフェ「可否館」には行けませんでした。

中庭にはカフェのほか、賢治の直筆原稿などがみられるマヂエル館もあったようです。

今度は時間をゆっくり取って訪れてみたいなと思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。