初めての三河グルメ  豊川稲荷のカドヤと豊橋のスパゲッ亭チャオ 大あんまきも絶品!

スポンサーリンク

2022年5月4日から翌日にかけて、愛知県の豊橋市や豊川市を訪れました。この辺りは昔は「三河」と呼ばれた地域です。

私たちにとっては初めて訪れる場所で、食べ物についても面白い発見がいくつかありました。

豊川稲荷の門前町カドヤは、稲荷寿司もウナギも美味しい!

豊川稲荷(妙厳寺)に参拝した後、

愛知県のパワースポットを歩く2  豊川稲荷

2023年7月18日

やっぱり稲荷寿司が食べたくなりました。

稲荷寿司は、江戸時代に誕生したとされています。そして江戸や名古屋など発祥の地の有力候補の中に、豊川稲荷の門前町もあるらしいのです。どうやら稲荷寿司は関西発祥ではなさそうですね。

豊川稲荷の門前町は、味があるいい通り。

カドヤという老舗で、昼食を頂きました。ウナギが看板料理のようで

迷った挙句、夫はわさびいなり(関東風の俵型)、きしめん、田楽のセット

わさびが苦手な私は、うな丼、きしめん、田楽のセットを注文。

2人とも大満足で、店を後にしました。

豊橋市民のソウルフード・あんかけスパゲッティ

豊橋駅で食べた夕食も、なかなかインパクトのあるものでした。

ホテルからも近く、ネットで評価の高いスパゲッ亭チャオ本店に行ってみたのですが

「おしゃれなパスタ屋さん」という感じではなく

どこか昭和レトロっぽい雰囲気。

店内もどこか懐かしい感じがします。

ここの名物が「あんかけスパゲッティ」。独特のあんかけソース(チャオソース)が特徴なのだとか。

「あんかけスパゲッティ」なるものをまだ食べたことがないので、どんなものか注文してみました。バイキング(チキンカツとウィンナー)と

フライドポテトとウィンナーのミラノを鉄板でお願いしました。とにかくすごいボリュームにびっくり! 大学生なら毎日ここで夕食として食べるのでは?

どちらかというと「パスタ」をよく食べるのですが、この日は久々に「スパゲッティ」を食べました。

知立名物大あんまきと、謎のポンポコラーメン

豊橋駅構内で売られていた「大あんまき」という和菓子も、とても美味しいものでした。

これは知立(ちりゅう)市の特産品として知られているようですが(今回知立市は訪れていません)、関西ではあまりなじみのないお菓子。名前を聞くのも初めてでしたが、

色々な味のバリエーションもあって、歩き疲れた後のデザートにはピッタリ!

あずきや白あんもいいけれど、個人的にはチーズもなかなか美味しいなと思いました。関西で売ってくれないかな。

名古屋方面に向かう車窓から見えた、この看板も印象深く、調べてみると「ポンポコラーメン」は、東三河地方で大人気のインスタント袋めんだとわかりました。これも関西では縁がないのですが、いつか食べてみたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です