冬の沖縄2021 モビーディック号で那覇湾サンセットディナークルーズ

モビーディック号

スポンサーリンク



モビーディック号集合場所は那覇港

2021年の冬休みに、家族で沖縄を訪れました。

宮城島のパワースポット果報バンタを訪れた後は

ぬちの浜と果報バンタ

冬の沖縄2021 沖縄のパワースポット・果報バンタと「ぬちまーす」カフェ訪問!

2022年1月8日
バス後部座席

冬の沖縄2021 路線バス乗継ぎの旅 那覇副都心からうるま市海中道路入口へ!

2022年1月7日

那覇湾で、モビーディック号サンセットクルーズです。集合場所は那覇港(那覇埠頭地区)

ゆいレール旭橋駅や那覇バスターミナルから徒歩で行ける場所です(旭橋駅から徒歩10分ほど)。

那覇埠頭船客待合所外観

鹿児島県(奄美含む)へのフェリーや観光船が発着する港です。那覇には周辺離島へ行く船が発着する泊港など、港が他にもありますので間違えないでくださいね。

16:30集合ですが、それよりも早くウエストマリンのブースでチェックイン受付(乗船者の氏名や連絡先など個人情報記入)を済ませましょう。受付が済むと番号が渡され、番号が呼ばれるとシャトルバスへ。

モビーディック号

船までは大した距離ではないのですが、安全上の理由でバスで船まで送ってくれます。そしてモビーディック号とご対面! ピンクのクジラがとても可愛い!

コーラルコースでも食事は大満足!

船内で案内されたのは、2階のレストランフロア。座席(テーブル席)は指定です。

サラダや付け合わせ

私達はコーラルコースという一番リーズナブルなディナーコースを注文したのですが、コースのランクに関係なく、出航までにまずサラダやスープ、コーヒーや紅茶などをビュッフェ形式で自由に取ることができました。

サラダや付け合わせ

おかわりも自由で、大満足。この日は地元の家族連れが多かったこともあり、フライドポテトはすぐになくなってしまう盛況ぶり! お酒を注文しているグループも多く、適度に盛り上がっていました。

オードブルバリエ

17:00に船は出航。その直後に、まずオードブルバリエが出されます。

船が揺れて船酔いするかも知れない、本当に食事が楽しめるのかな?と思っていたのですが、波の荒い外海に出るわけでもなく、大きく揺れることはありませんでした。航路図はこちらです。

白身魚&おこげスウィートチリ

さらに船が進むと、白身魚&おこげのスウィートチリも出されました。

鶏肉と季の野菜のヴァプールジャポネーゼ

この後しばらくライブ演奏や夕日見物などを楽しんで、料理のことを忘れかけていたころにメインディッシュ。鶏肉と季の野菜のヴァプールジャポネーゼという料理です。

コーラルコースは1人税込み4,500円ですが、付け合わせなどがビュッフェで食べ放題ということもあり、大満足の量でした。

那覇港のサンセットとライブ演奏

サンセットディナークルーズというくらいなので、やはり夕日は見たい。この日が雨でなくてよかったです。

モビーディック号船内

船内でもサンセット気分は味わえますが、私たちは3階のオープンデッキで夕陽を見ることにしました。

オープンデッキ船尾部分 那覇空港

那覇空港かな? 飛行機が近くにいます。雲が多くて少し心配だったのですが

那覇湾の夕日

夕陽を見ることができました!

ライブ演奏

ライブ演奏も2部構成で、懐かしい歌、沖縄らしい歌などいろいろ歌ってくださいました。

Anniversary 特典(誕生日や結婚記念日)もあり、この日は誕生日を迎えた人たちを皆で歌ってお祝い。知らなかった人たちが、仲間になったような連帯感が生まれました。

モビーディック号夜景

18:45に船は那覇港に戻ります。実質2時間ほどのクルーズでしたが、お値段以上の大満足な時間でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。