クラブツーリズム 富士山から20の贈り物体験記1 オプションが多い1泊バスツアー

スポンサーリンク



おひとり様もターゲット? 1泊2日を気軽に楽しめるバスツアー

2019年3月9日(土)~10日(日)、クラブツーリズムの1泊2日バスツアーに参加しました。

『1名1室同旅行代金!1泊3食付き!石和温泉にご宿泊 富士山から20の贈り物 2日間』【天王寺・なんばパークス・JR大阪 出発】

というツアーです。

価格は1人20,900円。私たちはそれに前席プラン1人1,000円を追加して、2人で43,800円でした。

おひとりさまに配慮しているツアーのようで、バス席おひとり様2シートプラン(おひとり様2席利用6,000円)があり、2日間ともバス席おひとり様2席が確約される(横に誰も座りません)プランがあります(席には限りがあります)。

2月18日(月)にかなり余裕をもって申し込んだと思うのですが、よほど価格を抑えているのか、普段は郵送で送られてくる行程表がありません。

出発4日前に、バスは中央交通バス、宿泊先は石和(いさわ)温泉(山梨県笛吹市)のホテル千石に決定したという手紙が来ました。

1人5,000円増で、【ホテル花京でお部屋食】宿泊プランもあります。ただしおひとり様1室は不可。

またオプションでは、1日目昼食の幕の内弁当(お茶付き)1,100円というのもありましたが、私たちはパス。

天気予報を気にしつつ、いざ出発! 果たして富士山はきれいに見えるかな?

バス車中でのオプション販売 お土産から2日目の夕食まで

7:45に西梅田バス暫定駐車場に集合。今日はバス2台が出ます。人気ツアーなのかな?

私たちは1号車で、運転は中央交通バス中村ドライバー、添乗員は吉野まさひこさんという、物柔らかなベテラン男性。

高速道路に入り、添乗員さんのあいさつや諸注意、行程説明が終わると、さっそくオプション販売が始まりました。

最初のトイレ休憩場所・草津PAに到着後、代金を集めます。

オプション販売されていたのは、以下の6点でした。

・1日目に立ち寄るハーブ庭園旅日記という施設のハーブ8点アイテム入り福袋(2,000円)

・2日目に立ち寄る金多留満(きんだるま)という和菓子屋さんのチーズ饅頭(オンライン販売はされていないようです)3個入600円、6個入1,000円、10個入り1,600円(いずれも1割引)

・2日目の夕食として松阪牛弁当(1,600円)、釜揚げしらす弁当(1,100円)

悩んだ結果、職場への手土産として、チーズ饅頭10個入りを購入。2日目の午後にバスの座席に届けてくれました。職場でも「チーズが濃厚!」と好評でよかったです。

それにしても、いつもの日帰りバスツアーよりも段違いに多いオプションの数々にびっくり!

座席や宿舎のグレードアップに、お弁当やお土産まで。 安さの秘密はここにある?

草津PA上り線

8:55に、草津PA(上り線)で最初のトイレ休憩です。

西日本最大の駐車スペースを誇る草津PAで、ヒッチハイクをしている人も見ました。テレビ番組『72時間 滋賀・草津 巨大パーキングエリア』でも紹介されていたのを思い出します。

京土産も充実しているこのSAで、偶然見つけたのが、びわ湖サイダー。

いわゆるご当地サイダーのようで、このびわ湖サイダーを使ったソフトクリームもあるのですが、サイダーを1本購入しました(250円)。

昔懐かしいスタイルのサイダーの瓶。今日のお風呂上りに飲もうかな。

赤塚PA(上り線)で昼食購入

バスは順調に走り、名古屋港へ。

相変わらずびっしり隙間なく並ぶ輸出用自動車にも驚かされますが、高層ビルのはるかかなたに雪山が見えたのにもびっくり。

木曽の御嶽山(おんたけさん)だそうです(上の写真真正面)。雲と間違いそうかな?

次のトイレ休憩は、赤塚PA(上り)で11:03~11:20。

愛知県豊川市にある、豊川稲荷への玄関口らしく、売店にも稲荷ずしや狐のマスコットがありました。

そういえば今年の初午(はつうま)の日、伏見稲荷に行ってからもう1カ月。月日の経つのは早いものです。

伏見稲荷大社(熊鷹社~四ツ辻)の茶店と裏参道グルメ 初午の日はいなりずしを食べよう 

2019.02.16

伏見稲荷の千本鳥居は外国人にも大人気! 神秘のおもかる石で、願いが叶うか占おう 

2019.02.09

初午の伏見稲荷大社(大鳥居~奥宮) 外拝殿の京野菜にびっくり! しるしの杉をいただこう 

2019.02.09

京阪電車で行く初午の伏見稲荷大社 「裏参道」だけど、とても賑やかな神幸通を歩こう 

2019.02.08

さて、私たちはここで稲荷ずしではなく、吉野家の牛丼をテイクアウトしました。

ちょうどニュースで「並盛」よりミニサイズの「小盛」が追加されたと聞いたばかりだったので、さっそく私は小盛(400円)、夫は並盛(420円)を注文。

小盛だと、地方の名産もこの後どんどん食べられるので便利です。

ちなみに、予約時にオプションで「昼食の幕の内弁当(お茶付き)1,100円」を注文した人には、休憩時間中に座席にお弁当が置かれていました(上の写真)。

贈り物1 富士山の眺望できるパーキングエリア

車中でお弁当を食べていた頃、バスは東名高速道路での事故情報を受け、明日通るはずだった新東名高速道路にルートを変更。

三ケ日から清水経由で、最初の目的地、富士川楽座を目指します。

やっと富士山が見えてきました!

静岡市清水区(清水市じゃなかった!)からは海も見え、とても美しい風景が広がります。

前の方の席でよかった!ちょっとバックミラーが邪魔だけど、この際仕方ありません。

12:55に、富士川楽座に到着。

ここが贈り物番号1番「富士山の眺望できるパーキングエリア」です。

確かに4階(道の駅入り口は3階です!)展望ラウンジの窓から見える富士山は、雄大で美しい。

ちょっと下の方に雲がかかっていますが、南西方向から望む富士山と、富士山がよく見えました。

せっかくなので、4階で開催されていた富士山の写真展も見学。

富士山の湧き水のパネルも見て、これから訪れる富士五湖に思いを馳せます。

吉野さんから頂いた地図には、富士川楽座では駿河湾で獲れた魚を使ったお寿司がお勧めとあったので、3階でまぐろのお寿司(800円)を購入。

ちょっと筋が多かったように思いますが、美味しく頂き、山中湖を目指します。

休憩時間は12:55~13:20でしたが、眺望や買い物、そして駐車場まで意外と距離があったせいか、少し遅刻される方もいました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です